スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重慶の思い出(2)

3/21昼に学会が終了した後は,大足石刻へ。
大足石刻は,重慶市大足県にある仏教関係の石窟で,世界遺産に指定されています。
その迫力に感動しました。
写真はほんの一部ですが,どうぞ,壮大なスケールを感じてください。

CIMG2514.jpg 
CIMG2496.jpg CIMG2503.jpg 
CIMG2504.jpg CIMG2510.jpg CIMG2513.jpg

大足石刻からバスでホテルに戻ってきたのは21時過ぎ。
この翌朝,5時にはホテルを出て帰国の途に。充実した5日間でした。

スポンサーサイト

重慶の思い出(1)

さて,2週間前に行ってきた中国・重慶の写真を掲載しておきます。

重慶に着いたのは3/18の夜でしたが,翌日(3/19)は,朝からCity tourに連れて行っていただきました。
まずは,南山公園へ。非常に高いところにあるのですが,重慶は霧の街。
白くて視界不良です。

CIMG2402.jpg

こちらは,重慶市人民大礼堂です。向かいに中国三峡博物館がありました。
CIMG2410.jpg 

3/20-21昼までは学会に参加していました。 私の発表は,3/20の午前中でした。
CIMG2449.jpg 
右のスライドは英語で作成してあらかじめ送付しておいたものですが,左のスライドは中国語に翻訳してありました。


 

重慶の思い出(5)

写真は,磁器口という昔ながらの街並みです。

学会前日(3/19)は,これまでの記事で書いたように,五感を十分に使って重慶を満喫しました(その間に頭の奥にある英語を少しずつ思い出しながら…)。

学会1日目(3/20)は,午前中は発表,夕方は病院見学をし,夜は歓迎晩宴(Welcome dinner party)を楽しみました。そして学会終了(3/21昼)後は,昨日書いたように大足石刻へ。大足石刻の迫力ある写真はカメラで撮ったものを後ほどupします。

重慶の思い出(4)

火鍋の後に散策した洪崖洞です。この後は朝天門(前記事)へ。

夜景がとても綺麗でした。また街は夜になっても,人の声や車のクラクションが賑やかで,活気が溢れてました。






重慶の思い出(3)

3/19夜は,知人の方に火鍋を食べに連れて行っていただきました。火鍋は重慶名物の辛い鍋です。連れて行っていただいたのは,洪崖洞の近くにあるお店で,部屋の中はとても贅沢な感じでした。

さて,いただいた火鍋ですが,写真手前の鍋のスープに材料(お肉や野菜など)を入れてたれにつけていただきます。白いスープは辛くないのですが,赤いスープは激辛。スープに入っている唐辛子か何かを口に入れてしまったら,静かに悶絶。美味しかったのですが,辛すぎた時は味覚が一過性に麻痺していました。

火鍋はとりわけ貴重な経験でした。ありがたかったです。
重慶滞在中は暑さと食べ物のおかげで,普段かかない汗をかきました。
心配していた胃腸の調子も良かったです。


重慶の思い出(2)

3/19昼には,三峡博物館へ。
三峡を下る映像はかなり迫力がありました。

今回は,三峡までは遠くて行けませんでした。




 

重慶の思い出(1)

3/19の朝は,南山公園を散歩。写真は南山公園にあるお寺です。階段の登り降りがかなりきつかったです。

(今は中部国際空港から浜松西ICに向かう空港バスに乗っていますが,高速道路が渋滞していて時間がかかりそうなので,ぼちぼち更新します。)



帰国


先ほど中部国際空港に戻ってきました(写真は上海の空港内)。

大足石刻 [世界遺産]


学会は今日の昼に終了しました。午後はバスで世界遺産の大足石刻へ行きました(写真)。

明日は5時にホテルをチェックアウトし,空港へ。行きと同じく,上海経由で中部国際空港に向かい,浜松には夕方到着予定です。

さて,重慶滞在中は一度だけホテルのビジネスセンターでインターネットを使ったのですが,いろいろなホームページ(自分のblogを含む)にアクセスできませんでした(セキュリティーの問題?)。しかし,Gmailは開けて,職場のメールが復旧したことが分かりました。初めて海外でGmailを使ってみましたが,使用したパソコンでは添付ファイルは開けないものの,使い勝手は良かったです。限られた時間ではメールすべてに返信はできませんでしたが…。

次は浜松に戻ってから落ち着いて更新します。暑さはこたえましたが,食べ物はとても美味しく,よく歩き,とても元気です。あまりお土産は買えていませんし,明日の空港も時間が早すぎてお店が開いていないかもしれませんので,土産話を持って帰ります。

発表終了!

発表は先ほど終了しました。

10分以内に発表が終われば質疑応答があるということは察していましたが,私は話すのが早かったようで,質疑応答の時間が生じ,インドの方から機器と解析について質問をいただきました。スライドを戻して再度詳細に説明して(したつもりで),その場は乗りきりました。しかしながら,質問者がスッキリされていないようでしたので,後から挨拶に行き,論文を渡しました。隣に座られた長野から参加された方からは,「良かったよ」と言っていただき,研究内容について具体的なお話をすることができました。

帰国後,研究室のHPにて詳細を報告します。ひとまずはご指導いただいた上司,背中を押してくれた同僚,心配してくれた家族と友人に感謝します。今後の予定ですが,明日まで学会に参加し,月曜日に帰ります。
自己紹介

smile30s

・出 身:兵庫県小野市
・職 業:理学療法士(PT)
・趣 味:Blogと温泉めぐり
・勉強中:Web Design

*写真は富士山登頂(2011.08)
-----------------------
2005.08.19
Blog始めました。

2012.01.28
twitter始めました↓

twitter
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。