スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の指について考えた日

20100109224246今日の特別講義では,非常に多岐にわたる内容でしたが,その中の一つに“足の指に着目”というのがありました。ということで,今日は足の爪や指の角度について熱心に見ています。

内容もさることながら,その真摯な姿勢と高いプレゼンテーション能力も学ぶところが多く,今月下旬にひょんなことから行うことになった他大学での講義について考え直そうと思いました。


スポンサーサイト

講演会 [母校の同窓会]

20090808142923
すごく良かったです。落ち着いたら,ノートを見ながらどんな話だったか書きます。

誘ってくれた方が来ていたかどうかも分からないほどの大盛況でした。

真夜中の実験☆ [修士と博士のあいだ]

20080523212434働く修士課程の大学院生たちと一緒に実験をするのは,21時から。(めっちゃねむいわ~と思いながら)予備実験をしています。4課題のデータを取り終えたのは,3時。実験のあとの一本(おごってもらった“さわやかミックスネクター”)がうまいです。院生たちは9時から授業らしいです。私は12時の研究進捗報告のみ参加予定です。明日の朝,活きがいい時にデータをまとめようっと。

大学院修了 [始まりと終わりを祝っていただく]

20080313230922大学院に合格した時にもお祝いをいただいたのですが(こちら),修了したこの日にもお祝いを贈っていただいていました。いつもありがとうございます。私に学会発表を勧め,統計解析を教え,論文を書くきっかけをくださった先生です。この先生のもとを離れて一人で浜松に来た時の心細かったことを思い出しました(少し強くなりました)。お礼のメールを送付したらすぐに「ご縁のある人とご縁のあるところで働けばいい」というお返事がありました。今はここでご縁がありそうなので,もうしばし働かせてもらいたいと思っています。でも次のご縁もお待ちしています。

卒業しました! [担任が学生と一緒に卒業する日]

20080312153644皆様のおかげで、学生は無事に卒業(自分は大学院なので修了)の日を迎えることができました。前から書いていたかどうか忘れましたが、おおかたの予想を裏切らず式のはじめのパイプオルガンから涙が止まりません。4年前の入学式で着ていた礼服に袖を通し、いろんな溢れる思いをせき止めることができません。ああ言いたいことが少しも口にできないわ。こんな大事な時に。
←泣き顔はさらせません。それでも見たい方はこちら(明日掲載予定)。
http://www.seirei.ac.jp/web/teacher/ohgi/index.htm
元助手会仲間のNさん,お花ありがとうございました。
本当にお会いすることができて嬉しかったです。
Nさんの修論の謝辞を読むだけで泣きそうでしたもん。

修士論文発表会 [準備運動なし]

20080301144614昼休みは関わっている研究のデータ解析で終わってしまい、準備運動無しで水に飛びこむような修論発表会です。(それでもなんとか乗り切れると自分の潜在能力を信じています。)修論審査会の大失敗でちょっと気弱になり、(なのに)準備無しでしたが、なんとか乗り越えられました(写真byしげも先生)。最後の質疑応答で、笑顔の指導教授が見えた時にほっとしました。本当に感謝の気持ちしか浮かんできません。ではこれから10年ぶりの国家試験(名古屋)に行ってきます。

大学院(修士課程)を振り返る [2年目]

そんなこんなで2年目。
また時間がある時にまとめます。
本日はここまで。

大学院(修士課程)を振り返る [1年目]

2006年4月 入学式(こちら)・オリエンテーション(こちら)
・リハの1期生は10名。このうち,PT領域は4名。
2006年4月-9月 春セメスター
・授業の感想など(こちら)。
・8月には予備データ取りを開始。
2006年10-2007年3月 秋セメスター
・院生の絆を深めたある授業(主な記事のみ)。
 ①「倫理」が終わった。(こちら)
 ②倫理打ち上げin藤枝の『焼肉屋さかい』(こちら)
 ③ホルモン炎上(こちら)
 ④2次会(こちら)
2006年10月 第1回進捗状況報告会(こちら) 
2007年2月 第2回進捗状況報告会(こちら)
・これは無難に切り抜けたんですけれど・・・。
2007年3月 第1回研究計画検討会(こちら)
・私は退職の危機。同級生はPTSD(?)。

---要約---
◎1年目で何よりも大変だったのが,ある授業(=倫理)。それまでそれほど強い連帯感を持たなかった院生たちが,夜遅くまで大学でもしくは携帯電話参加でグループワークに励みましたね。
◎もう一つの大事件は,第1回研究計画検討会。あまり振り返りたくもないのですが,某教員の言動に怒り,1日目の検討会終了後に研究室を訪問。全く穏やかではありませんでした。(2日目はそのエネルギーを発散しました。)
◎私の修論は順調そうに見えたかもしれませんが,それは時々のボスの適切な指導があったから。 どんなに忙しい時も,学生の面倒を手厚く見,すぐに手を抜く私には鋭いメールを送られました。
その一例・・・8時間ゼミ(こちら) ,携帯メールに送信された名言(こちら)

>>>[2年目]に続く

大学院(修士課程)を振り返る [入学前]

2005年8月 希望領域の決定(運命の分かれ道)
・大ボスから電話があった時に,「中枢」と即答。
2005年10月 秋季入試を断念
・入試の資料作成どころでなかったため(こちら)。
2005年12月 2年コースにするための手続き
・業績(論文+学会発表)資料を提出する。
(ボスのポストに業績をコピーした大量の紙を入れた封筒を入れて出して怒られる。)
(ボスがファイリングして会議に出したそう。)
・両教授に恐れ多い意見書を書いていただく。
2006年1月 入学試験(こちら)
・英語は迷わず,PT分野とST分野を選択。
・小論文は当時執筆していいた原稿の内容を元に熱く書き上げる。
・面接では「職場はどうですか?」と聞かれる。
・ちなみに出した研究テーマは“小児”(やらなかったけれど)。
2006年2月 合格
・合格発表前に合格祝いをいただく(こちら)。

---要約---
◎うちの大学院には中枢系と内部障害系があるのですが,この職場にきた経緯を考えると,中枢系を選択するのはいかがなものかと思う人もいたでしょう。でも,勇気をもって中枢系を希望しました。自分のこの選択に後悔したことはありません。
◎入学前からですが,なかなか仕事が忙しく,大学院だけに専念できなかったのは残念に思っています。

>>>[1年目]に続く

今日の研究 [修論審査会の準備]

20080131224556左:配布するプレゼン資料,右:読み原稿
---
17時から20時半まで,卒論の予備研究に参加,明日はセッティングが整いそう。その後は自分の時間で,明日の準備を整えていました。そうしていると,朝ピックアップしたボスから「送って。」と言われたため,23時を目処に終了。明日,もう一度読み返して,本番に臨みたいと思います。24時閉店の本屋さんに寄れたので,旅行本を購入。planningが楽しいです。
自己紹介

smile30s

・出 身:兵庫県小野市
・職 業:理学療法士(PT)
・趣 味:Blogと温泉めぐり
・勉強中:Web Design

*写真は富士山登頂(2011.08)
-----------------------
2005.08.19
Blog始めました。

2012.01.28
twitter始めました↓

twitter
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。