スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

At Dubai International Airport [遠い道のり]

20080331211535.jpg飛行機はMaltaで2時間,Dubaiで3時間近く遅れました(写真は張り紙)。あいちゃんがコメントで書いてくれたように,はじめこの記事はDubaiの空港のパソコン(無料)から英語で書き込んでいました。(web上で日本語に変換して,それをコピー&ペーストするのが重くて重くて…。)Dubaiでの長い待ち時間中に,不在中に仕事上で一番お世話になったS先生が集めているStarbucksのご当地タンブラーは買えず(行きは,中東っぽいのがあったはずなのに,帰りは透明のものしか並べてありませんでした)。仕方がないので,巨大なcity mug(しかもEgypt)を買ってきました。
スポンサーサイト

Malta旅行13日目 [これから帰ります]

012_convert_20080323143401.jpg
写真:Malta上空(行きに撮影した写真です)
さて,長かったMalta旅行もこれで終わりました。
これから日本に向けて出発します。

Malta 3/30 15:40(日本23:40)出発⇒Dubai 3/31 00:35(日本5:35)
Dubai 3/31 02:50⇒中部国際 3/31 17:40予定
浜松の職場にたどりつくのは21時を過ぎるかもしれません。

Malta旅行12日目 [思い出はpriceless、現実は・・・。]

056_convert_20080323142758.jpg
今日はGozo島を巡っています。
(詳細は帰国後に・・・。)

Malta旅行を振り返ってみると、
①英語でのコミュニケーション:大きな自信をつけることが
できました。今後、私の視野を広げ、仕事の幅を広げていきたい
と思います(貴重な機会を与えてくれた上司と同僚に感謝)。
②心身のリフレッシュ:ホームステイは温かい人間関係を、
いろいろな国から来ている学生との学校生活は学ぶ楽しさを、
すばらしい景色や歴史は、知らなかった価値観を五感で感じることができました。

帰ったら、①休み中に起こった問題の対応
②3/31が締め切りだった論文作成(手をつけていない)
③新年度の準備(これからします)などなどをします。

新たな気持ちで迎える5年目の春です。
浜松は桜がまだ咲いているでしょうか。
帰るのが楽しみです。


Malta旅行11日目 [語学学校終了はkissの嵐]

047_convert_20080323140716.jpg
マルタでは、サボテンの実が食べられるらしいです(夏の果物)。
サボテンのリキュール“バイトラ”もあるらしいです。

さて、昨日はステイ先が同じ女性とValleta観光に行ってきました。
まずは、聖ヨハネ大聖堂 (St.John's Co.Cathedral)と隣接した美術館へ。
授業終了(14:30)後すぐに行ったのですが、閉館は早く(16:30)、
あっという間でした。しかし、内部はとても豪華絢爛で素敵でした。帰ったら写真を
載せますね。その後は聖エルモ砦へ。大雨に濡れながら歩きました。
ここでもValletaの町並み、遥か遠くまで続く海の様子に感激しました。

今日は授業最終日でした。わずか1週間(30時間)でしたが、聞き取りと
話す力は大きく向上したのを感じます。ただ、仕事では英語を使う(主に読み書き)
けれども、話す機会は少ないので、どう維持していくかがこれからの課題です。
去年もすぐに(4-6月)、英会話教室をやめてしまったし。

さて、職場からは悪い知らせも届いてきて(といっても何もできない)
あぁ楽しい!だけではない今の気分なのですが、
かといって帰国を早めるわけにもいかず(明日は満席)、
もう一日いろいろ先のことを考えて帰ろうと思います。


Malta旅行10日目 [帰ったら働きます]

042_convert_20080323140305.jpg
昨日は、Malta Universityへ。
Valletaまで行って、バスを乗りかえて行きました。
残念ながら、Easter Holiday期間中は売店が短縮営業らしく、
上司や職場の同僚に買って帰ろうと思っていた大学のグッズ
を手に入れることはできませんでした。
大学は大きく、学内に大学のFM放送もあり、良いところでした。

バスは、運転手も乗客も総じて優しい人が多く、
(バス停の表示や次にどこで停まるかのアナウンスはない
ですが、教えてもらえました)
バスの経路で島内をあちこちいけそうです。
それには時間が足りないですが。

ステイ先も快適で居心地がいいです。電気と水(特に水)が貴重なので
早寝、早起き、シャワー5分の健康的な生活です。
料理も上手で、1日目:ローストビーフ+Figolla
2日目:パスタ入り野菜スープ、ひき肉入りトマトソースのショートパスタ
3日目:カレーライス(タイのカレーみたいな味でした)
4日目:チキン、野菜サラダ、ライス
(昨日のチキンは、香辛料のソースとヨーグルトで焼いていて、
特に美味しかったです。)

本当にMaltaに来て良かったと思っています。
快く送り出してくれた上司たち、今も働いている同僚たちに感謝。
4月から働きますね!


Malta旅行9日目 [海外で快適にネット生活]

048_convert_20080323135447.jpg
天気がいいと,空と海の青,色とりどりの花々がとってもきれいです。
上空からも目につきましたが,黄色い花が青によく映えます。

昨晩は、ステイ先の日本人(おしんちゃんと同い年なので
妹のような感じですが)とSlimaに行き、バスで戻ってきました。
これで行動範囲が広がるでしょう。
(バスはZone内47セント=80円くらい)

***

ようやく、語学学校のパソコンで日本語の言語バーを
コントロールパネルから出せるようになりました。
意外と苦労した英語用のキーボードの@(アットマーク)
ですが、Shift(もないのでキーボード左の上矢印)+2で
入力できるようになりました。日本と変わらずネット生活です。

大丈夫、ネット三昧なのは短い休み時間だけで
英語のクラスもよく発言していますし、
先生の質問もだいたい聞き取れています。

それでは、これからValletaに行ってきます。

Malta旅行8日目 [語学学校2日目]

003_convert_20080323132221.jpg
語学学校の近くにある砂浜。
まだ海に入る人はいませんが(気温は浜松と同じくらい),
日光浴をしている人はいます。ダイバーもいます。
澄んだきれいな水です。

学校は2日目。耳は大分慣れてきました。大きい学校ですが、
朝の2クラス(3時間)は5-7人くらい、午後の1クラス(1.5時間)は
9人くらいの少人数に設定されており、レベルはちょうどいい感じです。
(国籍は、ドイツ、アルジェリア、スペイン、ロシアなどです。
日本人はどのクラスでも私だけでした。)

帰ったら、英語のテレビを見るなどしようと、
今は思っています(テレビを見る間が無いっか・・・。)。


Malta旅行7日目 [今日から英語の勉強]

001_convert_20080323063648.jpg
3月24日から28日まで通うことになる語学学校です。

朝に、クラス分けの入学試験がありました。
が、集合時間を知らずにいきなり遅刻しました。
(8:15からだったらしい。9:00と思っていました。)

試験の結果、pre-Intermediateというclass
になり、日本人はいませんでした。

でも、元気に私らしくやっています。
(homestayも快適ですよ。 )

今日から日本語を直接打つことができなく
なりました。英語用のPCで
http://ajaxime.chasen.org/を開き
打った文字をcopy&pasteしています。

mailやblogの頻度が落ちても、
心配しないでくださいね。


Malta旅行6日目 [Happy Easter]

002_convert_20080323170441.jpg
昨日の晩御飯は,買い物帰りに『Buon Caffee』(Wilga Street)へ。
サーモンのクリームパスタとオレンジジュースを注文しました。
8.15ユーロ(1200円ちょっと)とようやくここに来て,値段が
適当になってきました。Mainの一品しか頼まないのですが,
量が多すぎて食べきれません。
注文の仕方と支払いの仕方は,五感を研ぎ澄ませて(要は他の人が
どうやってしているかを見て,聞いて)なんとかやっています。

今日(3/23)は,Happy Easter。朝から教会の鐘が鳴り響いていました。
午後からはhomestay先へ。これから荷作りです。

写真:昨日散歩していた砂浜
***
明日から,homestay+学校なので,パソコンに向かう時間が減ると思います。
メールのお返事等が滞ると思いますが,お待ちください。


Malta旅行5日目 [ホテルで過ごす休日]

さて,旅行も5日目(Malta到着4日目)となり,少し疲れが出てきました。
今日はホテルでゆっくりと過ごし,その後で買い物や食事に出たいと思います。

滞在しているホテルの中の様子です。
004_convert_20080323060904.jpg
写真①:変換プラグと変圧器
(変圧器は名古屋のハンズで4000円くらいで購入。
プラグの値段は忘れました。)

005_convert_20080323061042.jpg
写真②:パソコンとケーブル
(ケーブルはホテルで借りたもの。)
たぶんインターネットは無料。
でなかったら,高い請求が来そうなほど使っています。

インターネットはさくさく快適なのですが,変圧器にサーマルプロテクタ
(本体が加熱すると電圧がでなくなる)機能があるため,時々
パソコンを止めています。

ネット環境がよければ,忘れないうちにblogを更新できるし,
同僚や友人と連絡が取れるし(Maltaで携帯は持っていないため),
実働はできないけれど仕事のメールもやり取りできるし,
職場の様子もしげも先生のblogで分かるし,
ニュースや天気予報も見れるし・・・と,ストレスがかなり少ない
生活を送ることができています。
(つけているTVはCNNニュースなので,世界情勢や世界のニュース
には詳しくなりましたが。)


Good Friday Procession [聖金曜日の行進と受難劇]

実際はとても長く,また壮大な物語があったのですが,
ここでは簡単にまとめております。
085_convert_20080323035249.jpg
写真①:待つこと1時間半,伝統的な衣装に身を包んだ戦士(でしょうか)
が行進を始めました。

095_convert_20080323044344.jpg
写真②:十字架を背負った人が通り過ぎます。

099_convert_20080323045115.jpg
写真③:キリスト受難劇をあらわした像を背負った人達。

101_convert_20080323045513.jpg
写真④:場面の説明か聖書の箇所を書いたプレートを持って歩く女の子。
残念ながら読めませんでした。(マルタ語でしょうか。)

121_convert_20080323050156.jpg
写真⑤:最後の方です。

***
そして3日目にキリストが復活するのがEasterです。
もうGood Fridayと聞いても,「なんかいいことがあるのかな」なんて思いません。
今回のツアーはとても充実した時間を過ごすことができました。
オプション(Blue Grottoと地下礼拝堂)と昼食で38ユーロ(6000円)ほど。

来週は学校がメインになるので,観光にあてる時間がどれほど取れるか
分かりませんが,できたら首都Valletaに行ければと思っています。



地下の礼拝堂 [Luqa Villageにて]

077_convert_20080323031215.jpg
写真①:地下へと続く階段を降りていくと・・・。

073_convert_20080323033244.jpg
写真②:キリスト受難を再現したテラコッタの人形が
並べてありました。

079_convert_20080323033918.jpg
写真③:出口でFigollaというマルタの伝統的なEaster Cakeを
いただきました。(来週,おなかがすいたら食べようかな。)
***
今回行ったのは,Luqa Villageの地下の礼拝堂でしたが,
Maltaにはこういう場所がいっぱいあるそうです。
残念なことに,あまり説明が聞き取れていないので,書ける
情報が少なくてすみません。
(日本人の団体客が一緒だったら説明を聞こうかなと思っていましたが,
そんな機会は一度もありませんでした。)

Is -Salib tal-Gholja (Laferla Cross) [Maltaで最も高いところ]

058_convert_20080323024055.jpg
写真①:十字架
さて,青い海に感動した後は,Maltaで最も高いというview pointへ。
(気に入って,同僚に送った写真です。)

060_convert_20080323024847.jpg
写真②:畑,市街地,海を遥か見渡すことができます。

062_convert_20080323025302.jpg
写真③:違う角度から。
***
この後はレストランで昼食。イギリスから来られた夫婦と相席になりました。
私はこちらでは基本的におとなしいのですが(=英語がそれほど話せないから),
いろいろと話しかけてくださったので,楽しい時間を過ごすことができました。
「日本の酒が好きらしい」とのこと。ちん○すこうとうなぎパイではなく,
小さいお酒とかをお土産にしたら良かったかなとちょっと後悔
した瞬間でした。(受けるか引かれるかのリスクをおかす前に・・・。)


Blue Grotto ③ [上にある公園にて]

045_convert_20080322232822.jpg
写真①:海がきれいだったので・・・。

046_convert_20080322233306.jpg
写真②:何を見ても絵になるな・・・と。

057_convert_20080322233606.jpg
写真③:はるばる来て良かったなとかみしめています。


Blue Grotto ② [小船に乗って洞窟めぐり]

017_convert_20080322202224.jpg
“青の洞窟”といえばイタリアのカプリ島が有名 (Grotta Azzurra) ですが,
マルタ島にもBlue Grottoという場所があります。
青の洞窟とか青の洞門と訳されているようです。
冬場は海が荒れていると運休になるとのことでしたが,今日は運行されていました。
バスの添乗員に「乗りたい人はついて来て」と言われ,ついて行ったら
切符売り場で6.99ユーロ(=1000円ちょっと)でした。
写真①:青の洞門に向かう船,波は・・・ありましたね。

028_convert_20080322213326.jpg
写真②:いよいよ洞門の中へ。

036_convert_20080322231311.jpg
写真③:洞門の中では,エメラルドグリーンに輝く澄んだ海が。

***
11月に友人と行った伊豆の堂ヶ島マリン(天窓洞)を思い出していました。

Blue Grotto ① [青の洞門はこちら]

049_convert_20080322201156.jpg
Blue Grotto (青の洞門)はこちら→。


Marsaxlokkという名前の漁村 [この近くでマルタ会談が行われたそう]

003_convert_20080322162010.jpg
観光客それぞれが宿泊するホテルの近くに小さなバスが迎えにきてくれて,
揃ったところで大きなバスに乗り換えました。50人乗りのバスが満員です。
いろいろな言語がとびかっていますが,日本人は関西から来た母娘
(お母さんが英語が流暢),ドイツで働いていてEaster Holidayの一週間を
利用して遊びに来ていた夫婦と私の5人でした。
久しぶりに日本語(べたべたな関西弁)を話せてよかったです。
また,集合時間が聞き取れないときに教えていたき,助かりました。
***
さて,はじめの目的地はMarsaxlokkという漁村です。
生活用品やお土産,食品などが売られていました。


005_convert_20080322164334.jpg

建物の色と青空とのコントラストが綺麗でした。


Malta旅行4日目 [Malta到着3日目]

001_convert_20080322155514.jpg
Malta到着4日目の朝(写真はホテルの前のSt. Julian's Bay)です。
心配していた雨は,昨日の夜に小雨程度降っていましたが,
とってもいい天気になりました。
空が青く,海の色も一番青く感じられます。

海をのぞきこんでみましょう。
002_convert_20080322160817.jpg
いるわいるわ,お魚がいっぱい。

今日の晩御飯 [三度目の正直]

124_convert_20080322063742.jpg
『Zest』 Kaisen Roll,マルタビール“CISK”
今日はかなりくたくただったので,ホテル1階のお店へ。
とても人が多くてびっくりしました。
目当ては米(ごはんが食べたくなりました)とマルタビール。
「マルタビールください」と注文したら,CISKが出てきました。
あっさり苦めで飲みやすい味でした。
やっしぃ(コメント)へ,まずは1つ目のレポです。

今日は,量も適当で,ここにきてようやくお釣りは待てば
出てくることに気がつきました。これで16ユーロちょっと(=2500円くらい)。
ホテルという場所柄でしょうか,またお寿司だったからでしょうか。
ちょっと高いですね・・・。でも店内では頼んでいる人が多かったですよ。
***
さてこの後は,時差を考えて職場関係のメールを送信(夜の12時だと日本は翌朝8時)
しようと思っていたのですが,気がつけば朝でした。


Malta旅行4日目 [バス旅行]

Malta_3rd_day_convert_20080322044615.jpg
今日は,昨日申し込んでいたバスツアー
『Coast Sight seeing and Good Friday Procession』
に参加してきました。
9:15出発で,帰ってきたのがついさっき(20:00頃)という
見どころ満載,充実度満点のツアーだったのですが,
撮った写真も100枚以上と多く,またあまりの寒さに冷え切ってしまったので
写真と記事はぼちぼち更新していきます。

脳は英語にだいぶん慣れてきました。
ツアーに参加されていたイギリスの方といろいろと話したり,
Good Fridayの待ち時間に隣の人とぶつぶつ文句を言ったり,
また久しぶり(機内で話した以来)に日本語を話したりして,
意思と行動と言語がうまく動くようになってきたような
気がします。(=思ったとおりの言葉が出て,相手に伝わるように
なってきました,不十分ながらですが。)

では,これから晩御飯を食べに行ってきます。
***
画面は,未整理の写真の山。
元気にやっていますよ。


今日の晩御飯 [またまた失敗]

009_convert_20080321060405.jpg
『bianco's』
今日もイタリアン。ホテル近くの湾の眺めの良いお店へ。
今日はstill water(普通の水)を忘れずに注文。
さて,メニューを見て悩みます。(写真が無いので文字から推測。)
かぼちゃのリゾットは即決だったのですが,+αが欲しい。
ということで,その名もAntipastoを注文。
で,出されたのがこれ。
ちなみに緑っぽいのも手前の黄色いのもチーズ。ハムやクルミや
ドライトマトのオリーブオイル漬けやオリーブ漬けなどです。
個々には美味しいのですが・・・とっても食べきれません。無理です。
「もういいです」と下げていただいたのですが「多すぎた?」と言われました。
今日の食事代・・・17ユーロ(=2600円)。
ちなみにAntipasotだけで7ユーロ。
今度から,メインの一品だけにしようと思いました。

明日はツアータイトルにありましたが,Good Fridayです。
復活祭直前の聖金曜日という,イエス・キリストの受難と死を記念する日だそう。
(ということがやっと分かりました。“花金”みたいな言葉だと思っていました。)
キリスト教ゆかりの地なので,いろいろな行事が各地で行われるのかもしれません。


Slima Creek [感動した瞬間]

008_convert_20080321023803.jpg
地図を頼りに,Sliemaの南側に出ることができました。
Sliema Creekの景色です。目の前に見たときに感動しました。
***
そういえば(というより,もちろん)今回のMalta旅行は観光ではなく,
①英語のコミュニケーション能力向上,②仕事を離れてリフレッシュ
目的で来ているのですが,なんとかかんとかやっています。
(といっても,たいしたことはやっていませんが。)

昨日に比べると少し耳が英語に慣れてきました。
でも,ゆっくり簡単に話してもらっても分かっていないことは
多いです。出来事を反芻しながらこうして書き綴っているのですが,
「金曜日はツアーがないよ」「???」「銀行とかお店も閉まっているよ」
と言われたのは,「???」部がちょうどEaster(復活祭)の前の金曜日にあたるから
という説明だったとようやく本やインターネットからの情報や町でみたポスター等を統合して
納得しました。(ということは明日のツアーは景色見学のみということ。)
最後の部分は聞き取れたので,両替したわけですが。

日曜日からお世話になるhomestay先にも重い腰をあげて電話。
1時頃に行ってもいいとのことでしたので,ホテルをcheck outしたら,
すぐに行けそうです。ただし,ご自宅の場所は説明してもらったけれども
分からなかったので,タクシーの運転手頼みになりました。


St. JulianからSliemaへ④ [ここはどこ?からの脱出]

006_convert_20080321012502.jpg 
『地球の歩き方』と空港で買った地図を持って歩き続けます。
なかなか地図が読解できませんでしたが,ようやく意味と自分の位置が
分かってきました。マルタの地名はマルタ語なんですね。
だから,Triq ~が多いのも,Triqがstreetとかroadとかいう意味だと納得。
(ただ,マルタ語がまったく解読できないので無意味語としてとらえられ,
覚えることができません。)


St. JulianからSliemaへ③ [お餞別を換金]

004_convert_20080321011514.jpg
近づいてみました。透明度の高いきれいな海水です。
今日はあいにくの曇天ですが,晴れていたらもっと青い海なのでしょうね。

道中に見つけたFinancial Servicesで,ボスにいただいたお餞別を換金。
英50ポンドが62.27ユーロ(9600円くらい)になりました。
美味しいものでもご馳走になります。
いえ,お土産を買って帰ります。


St. JulianからSliemaへ② [いまいち分からない居場所]

002_convert_20080321010536.jpg
侵食された茶色い海岸は寂しい感じがします。
が,ジョギングや犬の散歩などをしている人がいます。
カニか何かをとっている人がいましたが,
のぞいてみてもあんまりめぼしいものはいなさそうです。


St. JulianからSliemaへ① [ベンチがいっぱい]

001_convert_20080321004609.jpg
海沿いには広い遊歩道が整備されています。
写真右側にも写っていますが,ベンチがいっぱい。
(運転がとっても荒いのですが,ここは安心。)

Church of our Lady of Mt. Carmel [明日はツアー]

019_convert_20080320202049.jpg
写真:Church of our Lady of Mt. Carmel
キリスト教ゆかりの建物や像がいたるところにあります。

さて,明日は観光に行こうとツアーを申し込んできました。
・・・といっても,「明日は無い」と言われたあとに「あった,あった。」みたいな感じで
確認してもらったツアー。 coast(湾岸)をめぐるバスツアーのようです。
Slima,Msida,Blue Grotto,Is-Salib tal Gholjaなど。
ただ,天気予報を確認してみると朝は雨が降るみたいです。

さて,今日は午後もそぞろ歩きの予定です。
重いからと諦めましたが,本を持ってきたら良かったなと思います。 

余談ですが,ツアーバスはホテル横のマクド(←関西人だから)
から出るそうです。この『McDonald's』を何度も聞きなおし,「ホテルの近くですか」と
尋ねて,お店の人が「連れて行ってあげる」と言ってくれた時に
なってようやく,McDonald'sの英語の発音を思い出しました。
ということで,明日は『Coast Sight seeing and Good Friday Procession』です。
昼食こみで27.84ユーロ(約4300円)です。

 


St. Julian's Bay [地中海]

018_convert_20080320192243.jpg
St. Julian's Bayがホテルのすぐ目の前にあります。
色鮮やかな船が多く浮かんでいます。
よく見ると,澄んだ水の中には小魚が泳いでいます。
釣り人はいないようです。
では,これからそぞろ歩きをします。


今日の朝御飯 [Hotel Juliani]

016_convert_20080320191855.jpg
『Cafe Juliani』にて,朝食バイキング。
滞在しているHotel Julianiの0階(この数え方は英式でしたっけ?)にあるカフェで,
マフィンやクロワッサン,スクランブルエッグ,ヨーグルトなどをいただきました。
このホテルは1泊8000円ということでしたが,とても良いところです。
写真:ホテルの前

今日の晩御飯 [英語の注文は大変でした]

015_convert_20080320162301.jpg
『Joia』
ということで,"Specialising in Italian and Maltese Cuisine"
と書いてあるイタリアとマルタ料理の店へ。ホテルの地下にあるお店です。
勝手が分からないので,冒険はしませんでした。

入ったらワインリストと食事リストを見せられたので,「いりません」と言ったら,
「飲み物はいらないの?」と言われたので,「いらない」と答えたら,
水も出ずにパンが出てきました。(水が当たり前のように出てこないらしい。)
水なしでパンを食べるわけにいかず,ビールを注文。

注文したのは,Kuskusのスープ。豆が入ったトマトベースのスープで
美味しかったです。やさしい味でした。

続いてはペンネアラビアータ(写真)。理由はリストの中で知っている名前だったから。
見てお気づきかもしれませんが・・・激辛。ビールが進みます。
(辛いものが苦手な私は食べきれずに残してしまいました。)

あまりの辛さにレモンのアイスを注文しました。
これはさっぱりして美味しかったです。
しめて,16ユーロ(2500円くらい)でした。
分かりやすいように,1ユーロ100円で計算していましたが,
正確には154円くらいですからこれくらいの値段。
(ホテルの中ですから,街中よりは高いと思います。)

自己紹介

smile30s

・出 身:兵庫県小野市
・職 業:理学療法士(PT)
・趣 味:Blogと温泉めぐり
・勉強中:Web Design

*写真は富士山登頂(2011.08)
-----------------------
2005.08.19
Blog始めました。

2012.01.28
twitter始めました↓

twitter
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。