スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝恩会の翌日に思うこと

昨日(3/3)は,卒業生が謝恩会を開いてくれました。1-4期の卒業生(約130人)から90人くらい来てくれました。出席者を見たときにびっくりしました。本当に感謝の一言に尽きます。東京で働いている方からはお手紙を,北海道の方からは電報が届いていました。

計画は極秘に進められていたらしく,会場の場所も誰が来るかも全く知らされていなかったのですが,外の会議等で「グランドホテルに卒業生が結構集まるらしい」という情報を聞いていましたので,ちゃんとした格好で美容院で髪もセットして行くことにしました。 ←会場に着いたときに,間違ってなかったとほっとしました。

大学では4学年が一度に集まる機会もそう無いですし,ましてや卒業してからは,県外で働いていたり,結婚したり,子どもができたりして,そんなに簡単に大勢で集まれないと思いますが,いろいろと調整して来てくれたのでしょう。会う人会う人が懐かしく,話が尽きない貴重な時間でした。

謝恩会では,期待以上の凝ったビデオメッセージ,感動の手紙コーナーなど,一瞬として忘れたくないなと思いました。

たまたま(という言葉が適切かどうか分かりませんが),初めての全国学会の発表で声をかけられて,何も分からないまま,誰も知らない遠く離れた静岡の大学の新設学部の助手となりました。特に1期生の時は,学校のことも静岡県の事情も分からなくて(学生は先輩がいなくて分からないと言っていましたが,私も分からなかったのです),実習も就職活動も手さぐりな上,国家試験は合格発表までドキドキしていました。

8年かかって,大学はスタッフも充実し,大学(大学そのものと教員)も地域で認知され,卒業生が活躍を始め,いろんな意味で安定してきたと感じています。私個人にとっても,少しずつ信頼されるようになったのでしょうか,大学内と外(静岡県のPTとしての仕事)で,着実に仕事を増やしていくことができたことをありがたいなと思っています。研究活動に関しては,それほど結果を残せませんでしたが。

1期生の次に担任をした5期生を送り出したら,8年間の教員生活は終わりを迎えます。2-4期生,今在学中の6-8期生と過ごした時間もとても大切で,多くの出会いがあったことは幸せなことだと思います。昨日いただいたデジタルフォトフレームは,何枚写真が入っているんだろうというくらいの大作で,見終わるまでにゆうに1時間以上はかかりましたが,昨日会った人だけでなく会えなかった人,すっかり忘れていた出来事まで懐かしく思い出すことができました。

本当に昨日はありがとうございました。「退職するから謝恩会をしよう」という計画を立ててくれた人がいて,準備をしてくれた人がいて,行ってもいいなと思ってくれた人がいっぱいいたことは本当にありがたかったです。最終講演といっても私がたいした話をしないだろうということは容易に想像できたでしょうに・・・(実際,準備に時間をかけたけれども,役に立つ内容は限りなく少なかったはず)。

これまでに退職された立派な先生方には申し訳ない気持ちもありますが,このタイミングで盛大かつ繊細な謝恩会が開催していただけたのは,卒業生自身の成長であり,成熟なんだろうなと思います。

車で埼玉や長野から来たという人もいて,無事に帰れたのか心配ですが,またそれぞれの地で元気に頑張っていることことを願っています。私も5月くらいにはきちんと次の報告ができるように頑張ります。

以上,「ありがとう」ばっかりの読みにくい文章ですが,感謝の気持ちをこめて。

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自己紹介

smile30s

・出 身:兵庫県小野市
・職 業:理学療法士(PT)
・趣 味:Blogと温泉めぐり
・勉強中:Web Design

*写真は富士山登頂(2011.08)
-----------------------
2005.08.19
Blog始めました。

2012.01.28
twitter始めました↓

twitter
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。